Clicky

ベルリン絵日記 - Berlin-Bildtagebuch

  • Home
  • ベルリン絵日記 - Berlin-Bildtagebuch

ベルリン絵日記 - Berlin-Bildtagebuch ベルリンに住むながしまと申します。ベルリンを中心にブランデンブルク州やドイツの風景を水彩画で紹介しています。ページのフォローも画像のシェアも歓迎します。どうぞよろしく!

Operating as usual

電車やバス、街角の人々のクロッキー。でもどんなに似た人がいても架空の人物です。
17/12/2022

電車やバス、街角の人々のクロッキー。
でもどんなに似た人がいても架空の人物です。

Auf dem tiefsten Hof der Hackescher Höfeハッケシャー・ヘーフェ最奥ホーフにてClärfonaine A5 180 gFaberCastell PITT pens u. Aquarellstifteハッ...
27/11/2022

Auf dem tiefsten Hof der Hackescher Höfe
ハッケシャー・ヘーフェ最奥ホーフにて

Clärfonaine A5 180 g
FaberCastell PITT pens u. Aquarellstifte

ハッケシャー・ヘーフェは、ベルリンで最も人気のある観光スポットの一つですが、幾つものホーフ(中庭とそれに面する建物)が結合した複合施設です。「へーフェ」というのは「ホーフ」の複数形です。
その一番奥には、ベルリンのアイコンとも呼べるアンペルマン(信号の止まれ、進めを表示する人形)をキャラクターにした商品を売るアンペルマンショップがあります。
そこで立ったまま手のひらでスケッチ、家に戻って色をつけました。今回も水彩色鉛筆の三原色。三色でいろいろな色を表現できて面白いです。
建物の横に見えるのはゾフィー教会の塔、ちょっとデフォルメ気味です。
へーフェには、商店、飲食店、オフィス、映画館の他に住宅も入っていて複合施設になっています。観光客がたくさん訪れますが、一番奥まで来ると静かで落ち着いています。住宅もあってホーフ(中庭)には砂場があり、住民の自転車も駐輪されていました。

電車やバス、街角の人々のクロッキー。でもどんなに似た人がいても架空の人物です。
27/11/2022

電車やバス、街角の人々のクロッキー。
でもどんなに似た人がいても架空の人物です。

26/11/2022

ハイデルベルガープラッツにて

25/11/2022
Ein großer Baum am Lietzensee - Studie mit drei Primärfarben und Schwarzリーツェンゼー湖畔の大木 - 三原色と黒による習作Clairefontaine 180 g A5...
21/11/2022

Ein großer Baum am Lietzensee - Studie mit drei Primärfarben und Schwarz
リーツェンゼー湖畔の大木 - 三原色と黒による習作

Clairefontaine 180 g A5
FaberCastell Aquarellstifte

湖畔の大木を水彩色鉛筆三原色と黒で描いてみました。
三色の混色で表現される色をコントロールするのは難しいですが、偶然で現れる色が面白いですね。
地面は落ち葉が積もって秋の最後の輝きを見せていました。今日、同じところを通ったところ雪がうっすらと積もっていました。冬の訪れを感じさせます。

19/11/2022

フォロワーの方からベルリン絵日記ライブをやってみてはどうかというご提案をいただきました。皆さん、興味ありますか。ライブでどんなことをやったら面白いでしょうか。

Sバーンに乗ると空港行きの列車でした。
13/11/2022

Sバーンに乗ると空港行きの列車でした。

Bäume am Lietzenseeリーツェンゼー湖畔の木々Clairefonaine 180g A5FaberCastell Aquarellsteifte 3 Primärfarben + Schwarz昨日、実際の景色と共にアップし...
11/11/2022

Bäume am Lietzensee
リーツェンゼー湖畔の木々

Clairefonaine 180g A5
FaberCastell Aquarellsteifte 3 Primärfarben + Schwarz

昨日、実際の景色と共にアップしたものです。三原色でチャレンジしましたが、思った通りの色を出すのは難しいですね。
でも3色だけで自在に描けたら楽しいでしょうね。鉛筆1本、色鉛筆4本と水筆だけ、スケッチに行く時も身軽に出かけられます。

リーツェンゼー湖畔にて黄、赤、青の三原色と黒だけの水彩色鉛筆で描いてみました。原理的には三色で全ての色が表せると言っても難しいものです。加減が難しい。また挑戦します!#三原色   #水彩色鉛筆
10/11/2022

リーツェンゼー湖畔にて
黄、赤、青の三原色と黒だけの水彩色鉛筆で描いてみました。
原理的には三色で全ての色が表せると言っても難しいものです。加減が難しい。また挑戦します!

#三原色 #水彩色鉛筆

Bodemuseum und die Brückenボーデ博物館と橋Glairefontaine A5Faber-Castell Pittpens & Aquarellstifte昨日、Urban Sketcher Berlinの企画で博物...
07/11/2022

Bodemuseum und die Brücken
ボーデ博物館と橋

Glairefontaine A5
Faber-Castell Pittpens & Aquarellstifte

昨日、Urban Sketcher Berlinの企画で博物館とその周辺にスケッチャーが集まりました。私も川沿いのベンチに座り1時間ばかり描いてきました。
ベルリンの市中心部、世界遺産にも登録されている博物館島周辺にはたくさんの観光客がいました。スケッチャーの絵をのぞいてくれる人、声をかけてくれる人もいました。スケッチャーも風景の一部になりました。
この作は、昨日のスケッチに水彩色鉛筆で手を加えたものです。Pittpenは、油性なので水で滲みません。

今日はUrban Sketcher Berlinのセッションでボーデ博物館に行ってきました。第一日曜日は州立の博物館/美術館は無料で入場できるのですが、活動家による美術品への被害を恐れてセキュリティーが厳しくなっていたみたいです。ランドマー...
06/11/2022

今日はUrban Sketcher Berlinのセッションでボーデ博物館に行ってきました。第一日曜日は州立の博物館/美術館は無料で入場できるのですが、活動家による美術品への被害を恐れてセキュリティーが厳しくなっていたみたいです。
ランドマーク的な建物は滅多に描かないのですが、今日は博物館島のボーデ博物館を描いてみました。ディテールにこだわらずに印象で描いてみましたが難しいものですね。
今日は天気が良くスケッチ日和でした。

2年前の作です。緑色の建物、また探してみようかな。
05/11/2022

2年前の作です。緑色の建物、また探してみようかな。

Eckhaus Reichsstraße/Kastanienallee
P1 Canson
Aquarell Schmincke etc.

ハイライトには、Uni-ballのしろを使ってみました。

Café am Lietzensee im Herbst秋のリーツェンゼー湖畔のカフェCanson 178 x 254 mmAquarell Schmincke & Aquarellstifte FaberCastellこの前のスケッチ、手...
04/11/2022

Café am Lietzensee im Herbst
秋のリーツェンゼー湖畔のカフェ

Canson 178 x 254 mm
Aquarell Schmincke & Aquarellstifte FaberCastell

この前のスケッチ、手を入れてこれで完成にします。秋の日に照らされて輝く色付いた木々を表現したかったのですが、なかなか難しい。
輝いて見えるのは暗い部分とのコントラストがあるからこそ。思い切って陰影をつけましたが、うまくいったかな。
このCansonスケッチブック、これが最後のページです。立ったまま掌で描くにはこのサイズが限界かなと思いますが、もう少し大きなサイズでも描いてみたいのですが、屋外でのスケッチは春まで待つか。

今日は22度まで気温が上がりました。絶好のスケッチ日和。筆によるスケッチを練習しました。
30/10/2022

今日は22度まで気温が上がりました。絶好のスケッチ日和。筆によるスケッチを練習しました。

2年間の思い出。今年は、少し季節の進み方が早いようです。
30/10/2022

2年間の思い出。
今年は、少し季節の進み方が早いようです。

どんなに似た人がいたとしても架空の人物です。
29/10/2022

どんなに似た人がいたとしても架空の人物です。

Lietzensee Park im Herbst秋のリーツェンゼー公園CANSON 178 x 254 mmAquarell Schmincke etc.形にこだわらずに色を置いてみたのですが、こういうのって結構難しいなぁ。
17/10/2022

Lietzensee Park im Herbst
秋のリーツェンゼー公園
CANSON 178 x 254 mm
Aquarell Schmincke etc.

形にこだわらずに色を置いてみたのですが、こういうのって結構難しいなぁ。

Villa Oppenheim, Museum CharlottenburgCanson 178 x 254 mmAquarelle Schmincke etc.先週スケッチしたVilla Oppenheim、色を付けました。地域の美術館に...
02/10/2022

Villa Oppenheim, Museum Charlottenburg
Canson 178 x 254 mm
Aquarelle Schmincke etc.

先週スケッチしたVilla Oppenheim、色を付けました。
地域の美術館にもなっている建物です。今日は午後から行って美術を鑑賞しようかと思っていたのですが、雨がパラパラ降ったりでやめておきました。それで色を塗る時間ができたんですけどね。
カフェもあるので今度はお茶でも飲みに行こうかな。テラス席はもう寒いかも。

2年前、ロックダウンの真っ只中で訪れたノイケルンの区役所。あの頃に比べると街はすっかり「アンロック」されました。表面的に残っているのは、公共交通機関でのマスク着用義務くらいかな。
30/09/2022

2年前、ロックダウンの真っ只中で訪れたノイケルンの区役所。
あの頃に比べると街はすっかり「アンロック」されました。表面的に残っているのは、公共交通機関でのマスク着用義務くらいかな。

Museum Charlottenburgs, Ville Oppenheimskizziert mit Kuli日曜日、ボールペンでスケッチしました。スケッチしていると近所の人が話しかけてくれました。ここがシャルロッテンブルクの郷土博物館...
26/09/2022

Museum Charlottenburgs, Ville Oppenheim
skizziert mit Kuli

日曜日、ボールペンでスケッチしました。スケッチしていると近所の人が話しかけてくれました。
ここがシャルロッテンブルクの郷土博物館だと思っていたら違いました。こちらは美術館。
まだ入館したことがありません。今度行ってみよう。

地下鉄に乗るとスケッチの練習をします。目の前に座っている人ではなく、斜め向かいの割と遠くの人をこっそりと描くことが多いです。いつものように描いていると、前に座っていた女性が私の方をちらちらと見たかた思うと、すっと立ち上がって、私の視線を遮る...
25/09/2022

地下鉄に乗るとスケッチの練習をします。
目の前に座っている人ではなく、斜め向かいの割と遠くの人をこっそりと描くことが多いです。
いつものように描いていると、前に座っていた女性が私の方をちらちらと見たかた思うと、すっと立ち上がって、私の視線を遮るような位置を占めどいてくれません。もしやわざとそうしてる? モデルされている人を気の毒に思って私のスケッチをやめさせようとしているのかな。仕方ないので記憶を頼りに描きました。
邪魔されてちょっと腹がたちましたが、結構同情心のある人だったのかもしれません。
スケッチしているといろいろなことがありますね。

18/09/2022 in Café Hardenbergカフェ・ハルデンベルクはツォー駅近くの割と大きなカフェです。周りには工科大や芸術大があり、若い人の利用も多い。カード払いは10ユーロ以上からだそうです。
19/09/2022

18/09/2022 in Café Hardenberg
カフェ・ハルデンベルクはツォー駅近くの割と大きなカフェです。周りには工科大や芸術大があり、若い人の利用も多い。
カード払いは10ユーロ以上からだそうです。

ベルリン在住のプロCB奏者で人気ブロガーの高橋徹さんが、ご自身のブログで私の絵に言及してくださいました。ありがとうございます。ご馳走様でした!
15/09/2022
(続) ご近所さんと晩御飯 | べルリンでさーて何を食おうかな?

ベルリン在住のプロCB奏者で人気ブロガーの高橋徹さんが、ご自身のブログで私の絵に言及してくださいました。ありがとうございます。ご馳走様でした!

プロセッコの後はシチリアの土着種Grilloを開けました。献立は2種類パスタから始めました。蛸と枝豆のジェノヴェーゼポルチーニ茸生クリーム仕立てボッリート...

Bhf Vienenburgフィーネンブルク駅CANSONAquarell Schmincke etc.8月30日、9ユーロチケットを使ってハルツ山地の周りをぐるっと回ってきました。この駅は、Bad Harzburg駅から近い分岐点に位置す...
05/09/2022

Bhf Vienenburg
フィーネンブルク駅

CANSON
Aquarell Schmincke etc.

8月30日、9ユーロチケットを使ってハルツ山地の周りをぐるっと回ってきました。この駅は、Bad Harzburg駅から近い分岐点に位置する場所。かつての要衝にふさわしく古い貨車や鉄道施設が展示してあり、駅舎もこのように立派でした。
乗り継ぎの列車を待つ間、1時間ほどありましたので駅舎をスケッチしました。
ハルツ地方は、またスケッチに訪れたいな。寒くなる前にもう一度くらい来る機会があるかな。

女房のフランス土産。モネの家で買ってくれたそうです。スケッチ手帳。
04/09/2022

女房のフランス土産。モネの家で買ってくれたそうです。スケッチ手帳。

#9ユーロチケット(#ドイツ の近距離公共交通が9ユーロで一つ期間乗り放題!)で乗り鉄をしてきました。コースはベルリンから出発してハルツ山地をぐるっと回ってベルリンへ戻るというもの。#マスク が嫌いなのでなるべく列車も乗らないようにしてきま...
31/08/2022

#9ユーロチケット(#ドイツ の近距離公共交通が9ユーロで一つ期間乗り放題!)で乗り鉄をしてきました。コースはベルリンから出発してハルツ山地をぐるっと回ってベルリンへ戻るというもの。#マスク が嫌いなのでなるべく列車も乗らないようにしてきましたが、もとは大いにとったかな。この制度、続けてくれないかなぁ。全国ではなく州内だけでも。

#乗り鉄 #ドイツ

Address


Website

Alerts

Be the first to know and let us send you an email when ベルリン絵日記 - Berlin-Bildtagebuch posts news and promotions. Your email address will not be used for any other purpose, and you can unsubscribe at any time.

Contact The Business

Send a message to ベルリン絵日記 - Berlin-Bildtagebuch:

Comments

長嶋さんの絵に影響を受け、やってみょうと決意した私。過去の手帳を引っ張り出して自分のスケッチ能力を改めて認識した次第…長嶋さんの域に達するには何年かかるだろう…
一番下に書いたものは たぶん犬だと思います…